2015 オールカマー 回顧

宝塚記念のレベルはともかく、昨年の秋華賞の着順通りに決まった天皇賞前哨戦。
時計良し、中身もよし。4歳牝馬2頭にとっては、上々といってもいいステップレースになった。

マイネルミラノが平均型の先行馬であることはよく知られるが、今回は逃げた。
というより、自分がレースを作ることに終始する形での少しだけ後傾となった平均ペースは、激流となった秋華賞と比較しても、持てる力は十分に出し切れる展開であった。
気が乗りやすいヌーヴォの後ろからの競馬となったショウナンパンドラは、宝塚記念の激走3着のイメージに過剰に感化されることなく外に持ち出した冷静さが、勝負の全てだったように映った。

ステイゴールド一族の気荒さを身をもって体感してきた池添騎手にとって、牝馬の悍性ごときで手こずる兄ちゃんではないことを示すには、秋華賞の結果が必然であり、宝塚での先着もこれまた然りだと結果で表す以外に手はなかった。
結果、剛腕系から乗り替わりで見事な成績をあげることになったわけだが、陣営が少し勝ちに走ったのも原因だろう。
これが正しい選択であることは、目に見えている。

1年で元に戻ったライバルに対し、中山記念で激闘を演じた2頭の尻すぼみ感は、今極致に達している。
夏の主役だったそれぞれの騎手が、これと言ってミスをしていないのにこれでは、なかなかに辛い。
少し人気先行になりつつあるヌーヴォは、まだ逃げ道があるからいいけれど、行く手すべてが塞がったロゴタイプの絶望感は、相当厳しいものがある。

速さで勝負できなくなった以上、極端な策が必要とも思えるが、GTの箔が邪魔になることも目に見えている。
クラシックホースの憂鬱は、この秋には解消しそうもない。

 

重賞レース展望 目次

重賞レース回顧 目次

「競馬情報会社 - 好調度リサーチ」トップページ