2015 京王杯2歳S 回顧

2歳重賞としては、GT2競走を除けば、伝統と格式で一歩も二歩もリードするこの京王杯2歳Sを勝ったのは、つい最近まで、謎の「キャリア1戦は勝てない」という伝統の2歳重賞3戦に共通する呪縛のかかっていたレースで真っ先に切りたくなる関西馬のボールライトニングだった。

内回りの京都で1400戦の新馬で、馬なり楽勝だったとはいえ、ファンタジーSのように牝馬だけという条件が付くわけではなく、また東スポ、京都2歳Sのように、スケール感を重要視して新馬勝ち直後の馬でも即通用する傾向でもないこのレースで、昔の東京ならまだしも、大外枠を引いてしまい…。

でもそこは、関東の名手・蛯名正義の腕の見せ所。
500kgの大型馬ながら、機敏に反応できる長所を活かして、スロー見え見えの先行争いも見越してすっと番手につけた。
ほとんど新馬戦と同じような流れで、より上がりの脚を求められる展開にはなったが、前回見せた終いはきっちり伸びる面はしっかりと重賞レースでも同じように繰り出せたので、これでもう前途洋々といった趣か。

新馬戦の始まったころからすこぶる好調だったダイワメジャーの産駒。
母父はデヘアだが、奥のほうにグランディやペティンゴといった、今の時代では重厚さを補充する傍流の種牡馬が入り込み、その間に、底力十分のマイル血統であるカーリアンの名が全体のバランスを整える役目を果たす、スピード型の理想的な血統構成をしているこのボールライトニングは、その動向をしばらく注視していく必要がある。

このレースで何かがわかるといった意味では、未勝利勝ち直後のアドマイヤモラールとシャドウアプローチとの差がハナであったから、上がり目は上位2頭と圏外だった馬に期待ということになりそうだ。

 

重賞レース展望 目次

重賞レース回顧 目次

「競馬情報会社 - 好調度リサーチ」トップページ