2015 マーメイドS 回顧

スローだけど、前に行けた馬は少しマークが厳しくて、坂で失速。
中団グループもあまり離されるようなポジションではなく、人気を背負ったマリアライトも比較的スムーズに競馬出来た。

ただし、毎年のように3連単は高配当となるレースである。
スパートのタイミングひとつで、というのがこれからの時期の2000重賞のセオリー。
3歳時に輝いていたシャトーブランシュが、こんなところで…、いや、本来あるべき場所に戻ってきたかのような後方一気を炸裂させた。

前記のように、力のある馬有利の展開にはなったが、仕掛けのタイミングを計って、かつ牝馬らしい決め手を引き出そうと思ったら、案外大外強襲の決まりやすい阪神2000だから、藤岡康太騎手の勝負勘も、昨年以上に素晴らしかったと言える。

それでも、特殊な競馬ではなかったが、どの馬にも乗り難しさがあったという組み合わせだったから、次でどう狙うかは、ファンならずとも関係者だって悩むところ。
4角までの手応えなら、パワースポットにチャンスありのようにも見えたのだが…。この馬の扱いは難しい。

イリュミナンスがこの上位争いに加われなかったのは少し寂しいが、兄フラガラッハ同様、揉まれるとよくないのか、内枠が災いしたような脚の使い方だった。

 

重賞レース展望 目次

重賞レース回顧 目次

「競馬情報会社 - 好調度リサーチ」トップページ