2016年【京都大賞典】回顧

もっとヤマカツライデンが行ってくれたら、更に面白い競馬になったのだろうが、キタサンブラックの鞍上は、このレースを何度となく制している武豊騎手。

本来彼が得意とする、番手から前を可愛がりながらすっと抜け出す競馬を、1番枠を引いた時点で考えていたのだろう。
春というか、昨年の有馬記念で北村騎手が乗れない状況になってから、正確無比の体内時計を持つ横山典弘騎手や武豊騎手が、彼にできる範囲の逃げをアシストする形で、ここ4戦同じ策をとってきたわけだが、この方がしっくりくる。

今まで差して勝ったことは2度。
それも2度挑んで、2度とも成功していた。
主戦だった北村騎手と挑んだ菊花賞と、今や伝説のパフォーマーとして語られる存在となった故後藤騎手が騎乗した新馬戦。
それ以外も浜中騎手が皐月賞で乗っただけだから、この馬の気性面を考慮すれば、自然と3角から2番手くらいが理想の位置となる。

自分が行かなければ、間違いなくスローという確信の下、武豊騎手の理想とする、自分のパートナーにとって理想の位置取りを選ぶという基本スタンスは、ヤマカツの丁寧な逃げによって、ほぼ確勝の番手追走に繋がった。

春先はまずまずの重賞成績で、春天でも位置取りだけは素晴らしかったアドマイヤゼウスは、こういう展開でインをつくと確実に上位に入る岩田騎手の技量も合わせて、内容は文句なしの2着。
ラブリーデイは春よりはずっと出来が良かったように見えたが、6歳のGT馬で旬ではないから、若いクラシックホース相手に正攻法ではキレ負けは致し方なし。 昨年よりメンバーが揃ったことで、今年は伏兵的扱いのサウンズオブアースも、元来それほど器用でもなく、言わずもがな、勝負強さも足らない馬。自分の流れにはできなかった。

ラストインパクトはもっとレベルが低調だった年の当レース勝者。
脚の使い方が難しく、外から押し上げても、見せ場までは作れなかった。休み明けもよくない。

(2016/10/11)

 

重賞レース展望 目次

重賞レース回顧 目次

「競馬情報会社 - 好調度リサーチ」トップページ