2016年【京都記念】回顧

普通に出られればこんなもんだい。
怒りにも似た、スローペースの好位付け。
世代NO.1とも呼ばれた当時の力のほんの一部分だけでも、テン乗りのデムーロ騎手が引き出してあげられたならば、という決着だった。

タッチングスピーチが、じりじりする様な消耗戦の叩き合いを制して2番手に上がった時、いくら馬場が悪いとは言っても、完全に安全圏にいたサトノクラウンの底力は、一年前の前評判通りのものであった。
いや、秋の天皇賞大敗が異常だっただけといった方が正確かもしれない。

弥生賞の勝ち馬で、かつてアドマイヤオーラというこちらも大いに期待を集めていた馬が、ふた叩きされた後、この伝統の京都記念を制して、クラシック無冠の悔しさを噛みしめながら、溜飲を下げるシーンを何度も見てきた。

前年はアドマイヤムーン、その前もシックスセンス。
妙に強い馬に出会ってしまったがために、調子が狂ってしまった馬が、この時期に立て直してくる。
だから、やり直しの一戦の趣がより色濃く出やすい競馬にとなりやすいのであろう。

古馬の一線級ならば、京都の外回りはエンジンをかけやすく、スマートに立ち回れる。
実力通りに決まりやすい部分と、古馬の一流馬だとポカもあるという側面と、今年は若い馬が多かったから、前者の方が出たわけだが、なかなかに奥の深いレースだ。

ちなみに、レーヴミストラルだが、馬場もそうなのだが、みんなが苦しむ展開で全く違う競馬をする馬だから、似たような競馬になっても、二番が利かない弱点はあるということだろう。
勝ち馬とは、真逆のスタンスの競馬をするタイプだ。

例年以上に厳しい馬場状態であったせいか、スピード能力はほとんど問われず、古馬になっての伸びしろが問われた競馬。
クラシック戦でも期待されていた4歳馬がしっかりと結果を出したわけだから、反動は多少出たとしても、前途洋々である。

(2016/2/14)

 

重賞レース展望 目次

重賞レース回顧 目次

「競馬情報会社 - 好調度リサーチ」トップページ